HSS型HSP🌏Millieの脳内世界

いらっしゃいませ。お好きな記事へどうぞ。

       

Dear students, congratulations on your enrolment.
Hope you enjoy your school life.
When we are young, we tend to think of study as an obligation.
But studying is a great right.
Exercise your rights to learn the fullest.

未就学児に富士山登山は無理だと思います



5歳に富士山登山は無理でしょう。


高山病は一般的に成人で標高2,000m以上が発症目安ですが、富士山の場合は車で登れるスバルラインの5合目にして標高2,300m。
5合目で既に危険ライン超えてます。


下は高度差による大気圧と酸素濃度。
川口液化ケミカル㈱HPを参照しました。


高度差 気圧( hPa) 酸素濃度(地上を100%とした場合の数値)

   0m   1013    100%

  500m     965   94%

1000m     899   88%

1500m     847      83%

2000m     795      78%

2500m     748   73%

3000m     701   68%

3500m     659      64%

4000m     616      60%



7合目は標高2,780mですから平地の7割の酸素しかないわけです。
自家用車やバスツアーでお気軽に行ける、その辺のレジャー施設扱いの5合目ですら8割しかありません。


ちなみに血中酸素濃度の正常値は96〜99%です。
90%切ると危ないので病院へ行きましょうと言われます。


富士山登山者(成人)の49%が頭痛などの高山病にかかったと回答したという報告もあります。


車でお手軽に行ける5合目より上は、小学生以下の子供を連れて行く場所ではないと思います。


最近は「小さなうちから何でも体験させることが一番大事」という教育方針のご家庭が多いですが、命を懸けてまで体験することではないでしょう。
中学生・高校生になってからではなぜ駄目なのかなと不思議に思います。


画像はフジヤマナビより。